2019にお勧めしたいモニター

いま、モニター・ディスプレイは、どのような方向に進もうとしているのでしょうか。売れ筋のものから、モニター・ディスプレイの未来について考えてみましょう。

【パソコンモニターとして】

いまモニター・ディスプレイの需要は、パソコンモニターとしてのニーズが非常に高まっています。 単にパソコンモニターとして片付けることはできず、 目的によって必要なスペックや機能が大きく異なって来ます。

パソコンモニターをみなさんが選択している理由は、ユーザーの好みに合わせて自在に画面サイズの選択ができる点です。

理想に叶ったモニター・ディスプレイの選択によって、よりストレスのない作業をすることができます。

いま、パソコンモニターとして、 ベンキュー(BenQ) GW2470HL、 ベンキュー(BenQ) EW277HDR、 エイゾー(EIZO) FlexScan EV2451、アイ・オー・データ(I-O DATA) EX-LDQ321DB、エイサー(Acer) ET430Kwmiiqppxなどの商品が選ばれています。

ベンキュー(BenQ) GW2470HLは、 リーズナブルな価格で、取り敢えずモニター・ディスプレイが欲しいという方々におすすめのアイテムです。どんなに技術が発展しても、価格と言う問題とユーザーは決して切り離すことができません。企業は、よい商品をリーズナブル価格で提供できるように努力を今後も続けていかなければなりません。ブルーライト軽減Plus機能などの搭載し、目の影響・疲れなどにも対応してくれているパソコンモニターです。

ベンキュー(BenQ) EW277HDRは、 低解像度のコンテンツを高解像度画質に変換するSuper Resolutionモードを搭載し、ON/OFFをワンタッチで切り替えることができるHDRに対応した27型モニターです。

エイゾー(EIZO) FlexScan EV2451は、 スタンドの稼働幅が広いところが特徴です。ベゼル(外枠)1mmと画面スペースをフル活用している24型です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) EX-LDQ321DBは、WQHD解像度(2560×1440)に対応した31.5型モニターです。映像を自動判別して理想の明るさにできるモードや、快調・色調を5段階調整できるエンハンストカラー、画面の応答速度を高めるオーバードライブ機能などが搭載されています。映像モードも標準と写真、映像、ゲームの4つのモードに対応しています。

エイサー(Acer) ET430Kwmiiqppxは、 4K解像度にも対応する大画面のパソコンモニターです。

【モニター・ディスプレイの未来】

いかがでしょうか。モニター・ディスプレイの未来を考えたとき、決してその存在は、パソコンモニターに留まるものではないということを考える必要があります。今後、モニター・ディスプレイの世界は、空中に映像が浮かび、「空中ディスプレイ」技術が、デジタルサイネージの世界を大きく変えていくことでしょう。

ハードルは高いといえそうですが、大量生産とコストダウンが実現できれば、POPの領域、小型の組み込みボックスなどノベルティ分野への展開の可能性も充分に考えることができます。